イエローをアクセントにしたポップで個性的なインテリア

黄 ポップインテリア 黄・茶色インテリア

明るくて楽しい雰囲気のインテリアで、ワクワクする毎日っていいですよね。

家の中は、明るくハツラツとした印象にしたい気持ちありませんか?

そこで、私は元気なイメージを持つイエローをキーカラーにすることを提案します。

イエローをテーマカラーにして、快活なイメージにしてみてはいかがでしょうか。

きっと、ポップで明るいインテリアになることでしょう。

この記事では、ポップで少しレトロなインテリアのコツがわかります。

家に、人を呼ぶことが楽しくなるようなインテリアを提案しましょう。

ソケリ
ソケリ

インテリア関連職歴20年(インテリアコーディネーター資格所持)の藤澤ソケリがご案内させていただきます!

スポンサーリンク

イエローを使った、ポップなインテリアを作るポイントとは

タヌキ君
タヌキ君

個性的で明るい雰囲気のインテリアにしたい!(モテたい)

ソケリ
ソケリ

それならば、ポップインテリアがオススメ!

色数を少なくすればコーディネートしやすいわよ!

明るいイメージのあるインテリアスタイルといえばポップインテリアでしょう。

家では、元気な雰囲気を演出したい場合に最適なスタイルと言えます。

ポイントは、重厚感よりも軽快さが大切です。

またポップなインテリアは特性上、多数の明るい色をとり扱うことも多くインテリア初心者にはハードルが高く感じるかもしれません。

明るめの色というのは、イコール目に付きやすい色とも言えます。

使い方を間違えると、ガチャガチャしたうるさい印象のインテリアになる可能性も秘めてます。

このようなことを書いてしまうと、インテリア初心者の方は諦めてしまうかもしれません。

でも、実はポイントを押さえるだけでインテリア初心者でもポップインテリアは可能です。

そのポイントとは、色数を増やさずに制限すること。

カラーコーディネートは、シンプルにしましょう!

今回は、明るく元気なイメージのイエローをピックアップしました。

イエローも基本、目を引く色です。

部分的にイエローを差し込むことで、イエローの楽しい雰囲気を演出してみました。

カラーコーディネートでは、ベースの色をホワイトに

黄 ポップ TVボード側

前項にも書きましたが、ポップなインテリアのイメージと言えばカラフルなインテリアが思い浮かびませんか?

もちろん、多くの色を使ったカラフルなインテリアは存在します。

ただし、そのようなカラフルインテリアは初心者に難しいことも。

今回私はカラーに関して、極力色をとり入れないことを提案します。

天井は壁、床材など背景になるところではホワイトをベース色にしてみました。

また、上記以外にもソファやテーブル、TVボードなどの主要な家具も基本的にホワイトです。

コーディネートの方法は、ホワイトの空間に差し込む形でイエローをつけ加えます。

今回は、1人掛けソファやキャビネット、小物類をチョイスしてみました。

イエローを加えるポイントは、少しずつとり入れることです。

明るいイエローは進出色と言えるので、全体の様子を見つつ小さなアイテムから採用しましょう。

アクセントとしての役割もオススメですよ。

なお全体的にホワイトとイエローの組み合わせとなると、ぼやけた印象になってしまうこともあります。

そのときには、ブラックを引き締める役割として使います。

ブラックは引き締めるだけの役割ではなく、さまざまな色とも相性が良いため万能に使える色でしょう。

ぼやけたときには「ブラックを使う」と思っていても大丈夫ですよ。

進出色→前に出ているように見える色。赤や黄色、オレンジ色などが該当する。

ポップインテリアを実現させるためのアイテム選び

黄 ぽtプインテリア ドア側

ポップインテリアは、私の中で遊び心がある印象があります。

楽しげで心躍るようなイメージで、家具やファブリック類を選択。

レトロなようで近未来的でもあり、少しだけ不思議なインテリアにしたいと考えました。

家具や照明器具などのフォルムは、全体的に丸みを帯びています。

さらにソファや1人掛けソファ、キャビネットなど、脚付きのデザインをチョイス。

少しだけミッドセンチュリーインテリアを意識することに。

ミッドセンチュリーインテリアは、デザイン性が高くレトロな印象があります。

ほかには、デザインが目を引くフロアスタンドを選んで個性を出してみました。

面白みのある変わったデザインのアイテムと、相性が良いというのもポップインテリアの特徴と言えます。

さらに、ポップインテリアでは幾何学模様とも好相性です。

幾何学模様は、ブラックとホワイトのモノトーンのラグやアートを指しています。

モノトーンは、さまざまなインテリアにも使えるので覚えていてもいいでしょう。

ミッドセンチュリー→1940年代位から1960年代位までデザインされた建物やインテリアを指す。

下記の記事でもミッドセンチュリーインテリアを紹介しています。

押さえるべきインテリアのポイント

イエローのポップインテリアを実現するための重要な点です。

  • インテリア初心者は、たくさんの色を使わない。できれば、多くても3色程度。(一番のポイント
  • 楽しい雰囲気を演出したいのならイエローを差し色に。
  • 基本のベース色は、ホワイトが使いやすい。
  • 空間を引き締めたいときには、ブラック。ホワイトとブラックのモノトーンもオスススメ。
  • インテリアアイテムは、基本丸みを帯びたデザイン。個性的なアイテムも○。

インテリアのプロにお願いすることもアリ!

「インテリアコーディネートって、やっぱり難しい…」と思うこともありますよね。

そのようなときには、思い切ってインテリアのプロにお願いしてみてはいかがですか?

TVCMで話題のココナラ
は、オンライン上で完結するスキルサービスです。

インテリアコーディネートサービスも豊富にあり、お得にサービスを受けることが可能ですよ。

登録は無料なので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

※ココナラでお得に利用する方法

ココナラに参入して日が浅いインテリアコーディネーターにお願いすると、お得な値段で利用可能です。

経験豊富なインテリアコーディネーターも多数存在しており、ココナラ新規参入で実績づくりのためにお手頃価格で依頼を受けている人もいます。

メッセージなどのやり取りで、フィーリングが合うか確認しましょう!

ただし、ココナラですでに取引の回数が多い方と比べると操作が不慣れな方もいます。

できれば納期に、余裕を持ってお願いすると良いでしょう。

住宅インテリア・家具のアドバイス(無料登録)

コメント

タイトルとURLをコピーしました