ラグジュアリースタイルの無彩色インテリアコーディネートで上品に

ラグジュアリー無彩色インテリア 無彩色インテリア

無彩色のインテリアコーディネートは、高級感ただようラグジュアリースタイルとも好相性です。

可愛らしくなりすぎずに、ほどよく品のあるスタイルになります。

カラーコーディネートのポイントは、グレーを上手に取り入れることです。

グレーとホワイト中心にインテリアコーディネートしましょう。

ソケリ
ソケリ

インテリア関連職歴20年(インテリアコーディネーター資格所持)の藤澤ソケリがご案内させていただきます!

スポンサーリンク

柔らかいグレーをうまく使ってインテリアコーディネート

シカさん
シカさん

上品で歴史的なものを感じるインテリアが好みだわ!

ソケリ
ソケリ

それなら、ラグジュアリースタイルのインテリアはいかが?

無彩色は、ホワイトとブラック以外にグレーも入ります。

グレーは、暗めの色から明るめの色までさまざま。

実は、すごく使いやすい色の一つと言えます。

ラグジュアリースタイルのような優しく品のあるスタイルは、淡いグレーとの相性が良いのでグレーも積極的に取り入れると良いでしょう。

今回のコーディネートは、ホワイトをベースにして淡いグレーをアソートカラー(ベースカラーに組み合わせる、比較的大きい面積をしめる色)として選択。

さらに、アクセントカラーとして少量のゴールドをプラスしてみました。

高級感のある上品なデザイン家具の色選びポイント

家具をチョイスするポイントとして、白やグレーを中心にまとめました。

色合いの統一を意識することで、まとまりのあるインテリアコーディネートとなってるのではないでしょうか。

装飾性のあるデザイン家具は、淡く明るめの色を選択すると優しく上品な印象に。

ただし、あまりにも淡い色合いばかりを選んでしまうと全体的にぼやけた印象のリビングになってしまうため注意も必要です。

今回のコーディネートでは、ぼやけた印象にならないようソファやチェアを少しだけ濃いグレーにしてみました。

TVボードやデスクまでグレーにしていないのは、グレーの分量が増えすぎてしまうのであえて避けています。

インテリアのカラーコーディネートは、色のバランスが重要です。

部屋全体を俯瞰してみることで、色の分量をチェックしてみましょう。

ラグジュアリースタイルのファブリックと小物選択のポイント

ラグジュアリースタイルでは、カーテンやラグといったファブリックもインテリアの重要ポイントになることが多いでしょう。

装飾性の高いカーテンは、とくに目を引くポイントになっています。

ラグジュアリースタイルの場合には、上飾りつきのもの(カーテンバランス)を選ぶとより高貴な印象に。

さらにカーテンのタッセル(カーテンをまとめる布)を、房が付いた装飾性の高いデザインにするとゴージャス感もアップしますよ。

ラグに関してはカーテンや家具のデザイン性が高いため、シンプルなデザインのものをチョイスしてみました。


また、今回は無彩色だけではなくアクセントとしてゴールドも取り入れています。

時計に額縁、さらにスタンドライトのポール部分がゴールドです。

ポイントは、部分的に少量だけチョイスすること。

多めにゴールドを加えてしまうと、印象が変わってしまうので注意しましょう。

押さえるべきインテリアのポイント

無彩色ラグジュアリースタイルを実現するための重要な点です。

  • 壁や床といった内装材は、ホワイト系統。
  • 家具やカーテンは薄いグレーを中心にチョイス。(一番のポイント)
  • スタンドライトや時計などの小物にゴールドをプラス。
  • 家具やカーテンには、装飾性の高いデザイン高級感のあるものを。
  • ラグは、あえてシンプルデザインに。

インテリアのプロにお願いすることもアリ!

「インテリアコーディネートって、やっぱり難しい…」と思うこともありますよね。

そのようなときには、思い切ってインテリアのプロにお願いしてみてはいかがですか?

TVCMで話題のココナラ
は、オンライン上で完結するスキルサービスです。

インテリアコーディネートサービスも豊富にあり、お得にサービスを受けることが可能ですよ。

登録は無料なので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

※ココナラでお得に利用する方法

ココナラに参入して日が浅いインテリアコーディネーターにお願いすると、お得な値段で利用可能です。

経験豊富なインテリアコーディネーターも多数存在しており、ココナラ新規参入で実績づくりのためにお手頃価格で依頼を受けている人もいます。

メッセージなどのやり取りで、フィーリングが合うか確認しましょう!

ただし、ココナラですでに取引の回数が多い方と比べると操作が不慣れな方もいます。

できれば納期に、余裕を持ってお願いすると良いでしょう。

住宅インテリア・家具のアドバイス(無料登録)

コメント

タイトルとURLをコピーしました