【ソケリブログはじめての方】インテリアカラーコーディネート5色パターンブログの活用の仕方

ソケリロゴ

藤澤ソケリのブログへようこそ!

ご覧いただきましてありがとうございます!

こちらのブログでは、インテリアカラーコーディネート方法について紹介。

5色パターン「無彩色、赤(だいだい色)、黄(茶)、緑、青(紫)」のインテリアコーディネート実例を掲載しています。

こちらのページでは、このブログの使い方について説明いたします。

「はじめて来たけど、どこから見ればいいのかわからない…」

という方のために、ソケリブログの歩き方を紹介しましょう。

ソケリ
ソケリ

インテリア関連職歴20年(インテリアコーディネーター資格所持)の藤澤ソケリがご案内します!

スポンサーリンク

藤澤ソケリのインテリアブログの使い方について

ダイニングテーブル

こちらのブログでは、5色パターン別(無彩色、赤、黄、緑、青)に分けて記事構成いたしました。

各色をテーマにした、さまざまなインテリアコーディネート事例を紹介しています。(事例画像はすべてオリジナル)

インテリアでの重要ポイントは、部屋全体の統一感を持たせることです。

一番はじめに、インテリア初心者の方は「どのような色をメインテーマにするのか?」を決めることからスタートしましょう。

藤澤ソケリのブログでは、そのお手伝いをさせていただきます!

まずは、ご自分の好きな色をチョイスしてみましょう。

好きな色というのは、自分にとって心地よい色ということ。

インテリアでは、精神的にホッと落ち着くという気持ちが重要です。

ただし人によっては「好きな色だとイマイチしっくりこない…」という人もいるかもしれません。

そのようなときには、別の色のインテリア記事をご覧になってください。

次項から、各色のまとめ記事を掲載しています。

なお下記の記事では、インテリア初心者の方に向けてインテリアコーディネートの考え方をご案内しています。

こちらもぜひ参考にしてくださいね。

ホワイト、ブラック、グレーを使ったインテリアコーディネートのポイント

無彩色アイキャッチ画像

「ホワイト、ブラック、グレー」は無彩色と呼ばれています。

赤や青のように、色みを持ちません。なお、赤や青は有彩色と呼ばれます。

無彩色のインテリアは雑誌やネットといったメディアなど、ひんぱんに特集されるほど人気のあるカラーです。

無彩色の良さは、比較的インテリアコーディネートしやすいというところでしょう。

また、無彩色は有彩色とも相性がよくバリエーション豊かというメリットもあります。

どうしてもほかの色を選べない方や、何を選択すればいいのか全く見当もつかないという方はインテリアの入り口として選択することもアリでしょう。

詳しくはこちらの記事にて。

赤とオレンジ系を使ったインテリアコーディネートのポイント

赤とオレンジアイキャッチ

赤やオレンジは、とにかく目につきやすい色と言えるでしょう。

進出色と呼ばれ、前に出て見えるという特性からインパクトのある部屋にしたいという方にオススメな色です。

明るくハツラツとしたイメージにしたいという場合にも適してます。

ただし注意する点もあり、赤やオレンジは良くも悪くも刺激的で目立つ色です。

何も考えずにコーディネートすると、部屋が狭く見えたりギラギラした落ち着かない部屋になることも。

このようなことを言うと、インテリア初心者の方は敬遠してしまうかもしれませんが問題ありません。

赤やオレンジは、使い方によって部屋の良いアクセントになります。

配色配分を考慮したインテリアコーディネートを提案しますね。

詳しくはこちらから。

イエロー・ブラウン系を使ったインテリアコーディネートのポイント

イエローとブラウンまとめ

見ているだけで、人を明るくするようなイエロー。

さらに、さまざまなインテリアに使えるベージュやブラウン。

とくに茶系は、オールマイティに使えるインテリアには欠かせない色でしょう。

今回は、イエローやブラウン系の色をメインで使ったインテリアコーディネート集を紹介します。

ナチュラルインテリア、和風モダン風インテリア、ヴィンテージ風インテリア、シンプルモダンインテリアとバラエティー豊かなラインナップができました。

イエローとブラウンをインテリアにとり入れる際のポイントや、ちょっとした注意点も記載しています。

ぜひとも、インテリアの参考にしてくださいね。

詳しくはこちらからどうぞ。

グリーンを使ったインテリアコーディネートのポイント

グリーンインテリア アイキャッチ

グリーンは、安らぎ感や穏やかな色といったイメージがあります。

とくに、家でくつろぎたいという人にオススメしたい色です。

葉の色なので、ナチュラル感を演出するうえでは欠かせない色といえるでしょう。

さらにグリーンは、ほかの色とも合わせやすいといった特徴もある万能色

こちらではナチュラルなインテリアをはじめ、落ち着いた色合いのインテリアやスタイリッシュなインテリアも提案しています。

インテリア初心者の方には、とくにおすすめしたい色です。

ぜひとも、インテリアの参考にしてくださいね。

詳しくはこちらからどうぞ。

ブルー・バイオレットを使ったインテリアのポイント

青と紫のアイキャッチ画像

青は寒色や鎮静色と呼ばれ、見ていると落ち着く色でしょう。

そのため、インテリアによく使用される人気のある色です。

リビングだけではなく、寝室や水回りなどさまざまな場所で見かけますよね。

ただし北側といった太陽が入りにくい部屋を青にすると、侘しく寒々しい印象になる可能性が高いため使用する部屋に気を配る必要があります。

しかし、多少注意することがあったとしても青はインテリア初心者にオススメできる色でしょう。

今回は、そんな青や青紫を使ったインテリア集を紹介します。

ナチュラルな雰囲気のものからモダンなど、さまざまなスタイルを提案しています。

詳しくはこちらからどうぞ。

sokeri-blogをフォローする
【初心者向け】インテリアのカラーコーディネート5色パターン紹介!
タイトルとURLをコピーしました